大阪桐蔭ラグビー 2017の進路は 

大阪桐蔭が花園の決勝進出が初めてというのは、意外でした。

大阪桐蔭いいチームでしたね。

一年生や二年生もいい選手が多かったので楽しみです。

大阪桐蔭の2017年度は春の近畿大会では京都成章との決勝戦で同点に追いつき、両校優勝と春から強かったのですね。

高校ラグビー花園大会では神奈川桐蔭との桐蔭学園対決を破りました。最後の64フェーズを守り切ったのはすごかったです。
大阪対決では、東海大仰星に敗れてしまい残念でした。

大阪桐蔭の注目選手、紙森陽太選手と上山黎哉主将、SH松山将輝を始め選手の進路も気になりますね。
2年生のSO高本選手はU17の日本代表、センター13の松山千大選手はU18のキャンプメンバーなんですね。

松山兄弟始め、江良兄弟など兄弟部員が6組も在籍しているそうです。

スポンサードリンク

大阪桐蔭ラグビー 2017の進路は 

大阪桐蔭で高校日本代表候補に選ばれているのは
紙森陽太選手と上山黎哉主将、SH松山将輝の3選手です。
(センター13の松山千大選手も選ばれていますが、まだ、2年生です。)
ラグビーマガジン 2018年 02 月号 [別冊付録:全国高校大会ガイド]

スポンサードリンク

高校ラグビー  大阪桐蔭メンバーの進路と出身中学

関西に残る選手が多いです。関西の大学ラグビーも楽しみですね。
7、8、15が帝京大なんですね。
FW
1 木村太一(167/96)喜連 ⇨摂南大
2 中川魁2年(164/87)小阪
3 紙森陽太(171/102)四條畷 ⇨近大
4 花村夏輝(181/94)長吉西 ⇨近大
5 鈴川琉生(182/100)喜連 ⇨中大
6 奥井章仁1年(177/106)楠葉
7 上山黎哉(172/82)英田 ⇨帝京大
8 中野光基(180/100)英田 ⇨帝京大
HB
9 松山将輝(166/71)大池 ⇨近大
10 高本幹也2年(172/76)久宝寺
TB
11 宮宗翔(182/75)兵庫 苦楽園 ⇨近大
12 江良楓(172/78)牧岡 ⇨立命館大
13 松山千大2年(173/82)大池
14 伴井亮太2年(174/65)小阪
FB
15 杉原駿(170/70)英田 ⇨帝京大
リザーブメンバー
16 井道塊(175/96)牧岡 ⇨大体大
17 江良颯2年(170/85)
18 村木亮介2年(180/118)柏原
19 堤田京太郎2年(180/98)
20 楠田秀磨(178/88)弥刀 ⇨東洋大
21 嘉納一千1年(174/68)大池
22 野村将大1年(178/83)相生
23 三島琳久2年(174/83)
24 秋山哲大2年(172/77)住吉
25 河野圭太朗(170/85)緑 ⇨大体大

神奈川桐蔭戦で怪我をして、決勝に出れなかった
WTB美登路渡選手は関大のようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ