関東大会新人戦2018の結果と選抜出場校

第18回関東高等学校ラグビーフットボール新人大会 は

2月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)
熊谷スポーツ文化公園 県営熊谷ラグビー場BC グランドで開催されました。

関東地区の各都県2チームづつの、16チームによるトーナメント戦で行われました。

関東大会新人戦の上位6チームが
3月30日(金)~4月8日(日)に熊谷スポーツ文化公園で開催される
「第19回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会」に出場できます。

春の全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会、夏のセブンズ、冬の花園の1つの王者が決まります。

スポンサードリンク

関東大会新人戦2018の結果と選抜出場校

ラグビーマガジン 2018年 05 月号 [雑誌]
には、花園出場校の進路が紹介されています!!

関東地区の選抜出場校

2018年度は、関東は6校選抜大会に出場できます
通常は5校の出場枠ですが、2017年度の優勝チームが桐蔭学園なので、前年度優勝1枠がプラスされて6校になっています。

更に、実行委員会推薦枠で佐野日本(栃木)も選ばれているので、関東地区から7校が出場することになりました。

関東大会新人戦で選抜の出場権を得たチーム6校は

  • 桐蔭学園高等学校(神奈川) 16大会連続17回目
  • 流通経済大学付属柏高等学校(千葉) 2大会連続12回目
  • 茗溪学園高等学校(茨城) 3大会連続11回目
  • 深谷高等学校(埼玉) 7大会連続10回目
  • 東海大学付属相模高等学校(神奈川) 2大会連続3回目
  • 東京高等学校(東京) 2大会ぶり2回目
  • 実行委員会推薦枠で佐野日本(栃木)

関東高等学校ラグビーフットボール新人大会の出場校と結果

スポンサードリンク
桐蔭学園 優勝
選抜出場
東海大付属相模 順位戦A勝利
選抜出場
専修大学松戸 1回戦敗退
流通経済大付属柏 準優勝
選抜出場
東京 順位戦A勝利
選抜出場
國學院大久我山 1回戦敗退
國學院大栃木 1回戦引き分け敗退
佐野日本大学 順位戦A敗退
実行委員会推薦枠選抜出場
日川 順位戦A敗退
吉田 1回戦敗退
昌平 1回戦敗退
深谷 4位
選抜出場
桐生第一 1回戦敗退
明和県央 1回戦敗退
茗溪学園 3位
選抜出場
つくば秀英 1回戦敗退

関東大会新人戦2018の結果

2/18 熊谷ラグビー場Bグラウンド
決勝
桐蔭学園高校 24-12 流通経済大付属柏高校

3・4位決定戦
茗溪学園高校 55-5 深谷高校

2/17
準決勝
流通経済大付属柏高校 55-10 深谷高校
桐蔭学園高校 54-12 茗溪学園高校

順位戦A
東海大付属相模高校38-21 佐野日本大学高校
東京高校 15-12 日川高校

2/11
準々決勝
桐蔭学園高校 71-0 東京高校
日川高校 0-66 茗溪学園高校
流通経済大付属柏高校 19-12 東海大付属相模高校
深谷高校 28-12 佐野日本大学高校

2/10
1回戦
桐蔭学園高校 52-12 専修大学松戸高校
流通経済大付属柏高校 64-12 つくば秀英高校
東京高校 19-19 國學院大栃木高校
東海大付属相模高校 54-5 明和県央高校
日川高校 28-14 昌平高校
深谷高校 74-19 吉田高校
桐生第一高校 0-90茗溪学園高校
佐野日本大学高校 40-36 國學院大久我山高校

関東大会新人戦2018のまとめ

國學院大久我山は佐野日本大学高校に1回戦で
國學院大栃木は東京高校に1回戦で引き分けで、それぞれ、選抜大会出場ができませんでした。
選抜大会2連覇を桐蔭学園は安定の強さですが、茗溪学園がなかなかいい感じだそうです。
⇒ラグビーリパブリックの記事はこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ