ラグビーの清宮克幸監督は日本代表監督になるの?

ラグビー清宮監督は今は早実の清宮幸太郎選手のお父さんとして認知度が一挙にあがりました
その清宮監督もラグビー日本代表の次期監督という声もあるようです
自ら後任に名乗りを上げています
ワールドカップを前にエディー・ジョーンズヘッドコーチがワールドカップ(RWC)後に退任する発表がありました。さあ、後任は誰になるのでしょうか?

スポンサードリンク

ラグビーの清宮監督って

ラグビーの清宮克幸監督は低迷していた早大、サントリー、ヤマハ発動機を立て直し、優勝に導いている「優勝請負人」と言われています。長男・幸太郎選手が甲子園大会で話題をさらい、知名度はラグビー界随一。2019年のW杯の“顔”として期待する声も多いようです

ラグビーの清宮監督のプロフィール

1967年7月17日に大阪の福島で生まれました
小学校時代の清宮は野球、中学時代はサッカーをしていたそうです
なんでも野球は監督と喧嘩してすぐにやめたという過去があるようです
腕力が強く、エネルギーがありあまり気味の清宮に担任の先生が茨田高校でラグビーすることを強く勧めたそう
3年の時には、主将となり茨田高校3度目の全国大会出場し、高校日本代表主将も務めたそうです

早稲田大学に入学し、2年時に日本選手権優勝、4年時は主将として全国大学選手権で優勝
1990年U23日本代表としてアメリカ代表に勝利したことも
卒業後はサントリーに入社、中心選手として主将も務めた。日本代表には惜しくも選ばれなかったようです。1995年度にはチームは全国社会人大会優勝、日本選手権優勝を達成した。
1997,1998年度全国社会人大会準優勝、2001年に現役を引退
現役時代の清宮さんのポジションはFL。松尾氏や平尾氏のような華やかなSOではないので玄人好みの選手だったようです。

スポンサードリンク

2001年早大ラグビー蹴球部の監督に就任し、関東大学対抗戦全勝優勝に導いた。
この時はサントリーに就職していて、サントリーの営業と早大ラグビー監督の2足のわらじだったそう
2003年13年ぶりに全国大学選手権優勝。
2005年、諸岡省吾組(主将)の下、監督就任後2度目の全国大学選手権優勝。
2006年、佐々木隆道組にて連覇達成。優勝インタビューでは言葉を詰まらせる場面も。さらに日本選手権2回戦では社会人の強豪トヨタ自動車ヴェルブリッツと対戦、トーナメント制移行後初めて社会人上位チームを破った。
2007年サントリーサンゴリアスの監督に就任した。
サントリー監督就任後、早速主将に山下大悟を抜擢したほか、佐々木隆道・青木佑輔の早大勢、関東学院大学の主将をつとめた有賀剛らを補強。
1シーズン目はトップリーグ2位、マイクロソフトカップ準優勝。サントリー2シーズン目にマイクロソフトカップ優勝を果たした。
2010年2月 サントリー監督を辞任。
2011年2月 ヤマハ発動機ジュビロの監督に就任
2015年2月 日本ラグビーフットボール選手権大会優勝

そうそうたる経歴と幸太郎くん福太郎くんの活躍も後押しして、日本代表の監督にという声も高くなりそうですね

今はまずはワールドカップで日本が決勝リーグに進んで、エディさんありがとうと言って見送りたいですね

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ