ラグビーワールドカップ2019プール組分け抽選会って

ラグビーW杯2019予選プール組み合わせ決定
A アイルランド、スコットランド、日本、欧州1、プレーオフウィナー
B NZ 南アフリカ、イタリア アフリカ1 最終予選
C イングランド、フランス、アルゼンチン アメリカ1 オセアニア2
D オーストラリア ウェールズ、ジョージア オセアニア1 アメリカ2
ラグビーワールドカップ2019の組み分けの抽選会が
いよいよ5/10(水)に京都迎賓館が開催されます

どのプール(グループ)に入るかで、決勝リーグに上がれるかどうかが大きく違ってきます
2015年のワールドカップでは
開催国のイギリスのプールAはオーストラリア2・ウェールズ5・イングランド4・フィジー9と強豪ぞろいの死のプールだったのです

開催国のプレッシャーで世界ランキング4位のイギリスは決勝リーグに上がれませんでした

では、この抽選会はどういうルールになっているのでしょう

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ2019プール組分け抽選会って

ラグビーワールドカップ2019の出場チームは16チームです
それぞれ4チームの4プール(グループ)に分けられ
予選をプールで総当りで戦い、上位2チームが決勝ステージに上がれ
8チームでトーナメント方式で戦います

2015年のワールドカップの予選リーグで、各プール3位までに入ると
2019年のワールドカップへの出場権がもらえます

2015年のワールドカップの予選リーグが終わった時点で12チームは次回の出場を決定しているのです

なので、日本は開催国枠ではなく、予選各プール3位枠で出場を決めているんです

ラグビーワールドカップ2019の出場国

2019年9月20日~11月2日 日本で開催されるラグビーワールドカップ2019の
出場国ここでもう一度チェックしておきましょう

RWC2015プールマッチ各組上位3チーム(計12チーム)

ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、ウエールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、ジョージア、イングランド、日本、イタリア

ヨーロッパ地区予選(1枠)

ヨーロピアン・ネーションズカップ(ヨーロッパ選手権)で最上位のチームがRWC 2019出場。
ルーマニア、ロシア、スペイン、ドイツ、ポルトガルなどが候補

オセアニア地区予選(2枠)

パシフィック・トライネーションズ・チャンピオンシップ(フィジー、サモア、トンガ)の上位2チームがRWC 2019出場。
2016年6月~2017年にかけて開催

ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ予選(1枠)

パシフィック・トライネーションズで3位のチームとヨーロピアン・ネーションズカップの2位(ジョージアを除く)の勝者が RWC 2019出場。
敗者は敗者復活トーナメントに

アメリカ地区(2枠)

カナダとアメリカの得点数で勝ったチームが RWC 2019 出場
敗者は南米のトップチーム(アルゼンチンを除く)と対戦し、勝者がRWC 2019出場。
敗者は敗者復活トーナメントへ。

アフリカ地区(1枠)

アフリカチャンピオンシップの優勝チーム。
準優勝チームは敗者復活トーナメントに進む。

アジア・オセアニア地区のプレーオフ

アジアラグビーチャンピオンシップ最上位チーム(日本を除く)はホーム&アウェー方式でオセアニアカップ(クック諸島、パプアニューギニア、アメリカンサモア、ソロモン諸島、タヒチなど)の優勝者と対戦。
勝者は敗者復活トーナメントに進む。

敗者復活トーナメント最終予選(1枠)

ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ予選、アメリカ地区、アフリカ地区と
アジア・オセアニア地区のプレーオフの勝者
各地域からの4チームで総当たり。首位の1チームのみがRWC2019への出場権を獲得

さて、いよいよ本題です
ラグビーワールドカップ2019プール組分け抽選はどのように行うのでしょうか

ラグビーワールドカップ2019プール組分け抽選会

ラグビーワールドカップのプール組分けは強豪チームができるだけ集まらないように
5月の抽選会時の世界ランキングで
1~4位(最上位層/バンド1)、5位~8位(バンド2)、9位~12位(バンド3)と3つの層に分け、それぞれが抽選に臨み、4つのプールに振り分けられます

スポンサードリンク

残る8枠(バンド4、バンド5)は各地域予選を経て出場国が決まります。
抽選会で各プールに振り分けられる。

ラグビーワールドカップ2019抽選会時点での世界ランキング

こちらは4/11時点のランキングです

バンド1

1位 ニュージーランド 94.78
2位 イングランド 89.53
3位 オーストラリア 86.35
4位 アイルランド 84.66

バンド2

5位 スコットランド 82.18
6位 フランス 82.00
7位 南アフリカ 81.79
8位 ウェールズ 81.36

バンド3

9位 アルゼンチン 79.91
10位 フィジー 76.46
11位 日本 74.22
12位 ジョージア 72.92
13位 トンガ 71.94
14位 サモア 71.25
15位 イタリア 71.17

16位 ルーマニア 70.15
17位 アメリカ 66.79
18位 スペイン 63.05
19位 ナミビア 62.78
20位 ロシア 62.40

ということで、11位の日本はどこに入るかで決勝リーグが大きく変わってきます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

STORY OF JAPAN WAY 〜歴史を変えた桜たちの1304日〜[DVD]
価格:5184円(税込、送料別) (2017/4/11時点)

ラグビーワールドカップ2015予選プールと決勝ステージ進出チームは

2015年、イングランドにて行われた前回大会では、240万人がスタジアムで、40億人がテレビを通じて観戦しました。

あのラグビーワールドカップ2015の予選プール及び決勝ステージ進出チームを世界ランキングでチェックすると
世界ランキング4位の開催国イギリスが決勝ステージ進めず、
世界ランキング10位のスコットランドが決勝ステージ進んでいます

イギリスのプールAはオーストラリア2・ウェールズ5・イングランド4・フィジー9と強豪ぞろいの死のプールだったのです
だから、予選プールは重要なんですね
※国名の後ろの数字は、2015年9月の時点の世界ランキング順位

プールA

オーストラリア2
イングランド4
ウェールズ5
フィジー9
ウルグアイ19

プールB

南アフリカ3
スコットランド10
サモア12
日本13
アメリカ15

プールC

ニュージーランド1
アルゼンチン8
トンガ11
ジョージア16
ナミビア20

プールD

アイルランド6
フランス7
イタリア14
ルーマニア17
カナダ18

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ