熊谷ラグビー場へのアクセスや駐車場 周辺観光ポイント

関西から高校ラグビー選抜大会が開催される熊谷ラグビー場へアクセスする場合、車で行くか、新幹線で行くか悩みますね

東京からでも熊谷まで1時間以上かかるし
熊谷駅からもバスに乗らないといけないし。。。
5時間近くかかって、交通費も往復で3.5~4万円近くかかります
片道
新大阪⇒東京⇒熊谷(あさま特急料金2770)18280円,
新大阪⇒東京⇒上野⇒熊谷 15510円

夜行バスでも寝られる方なら、時間はかかりますが半額では行けます
帰りの片道を夜行バスにするだけでもいいかもしれませんね
⇒夜行バスをこちらでチェック

車でなら8時間ほどかかって、3.5~4万円程度

新大阪から550.1km ETC11,980円(普通車)
ガソリン38.57L 概算 5,079円 (平均ガソリン価格:131.7円(レギュラー))
運賃だけなら、運転が苦にならないなら、2人以上なら、迷わず車って感じですね
スポンサードリンク

熊谷ラグビー場へのアクセスや駐車場

熊谷ラグビー場は最寄駅の熊谷からは徒歩50分だそうです^^;
もちろん、
熊谷駅から路線バスがあります
路線バスは
くまがやドーム
熊谷スポーツ文化公園(ラグビー場)
中条学校~葛和田
陸上競技場入口~南河原支所~犬塚 
と、熊谷スポーツ文化公園へは上記4系統の何れかです

予選リーグ期間は熊谷駅から熊谷ラグビー場行きの臨時バスが運行されます。

2017年度は、メイン競技場がワールドカップのために改修中なので
B,Cグランドと補助競技場が使われます
B,Cグランドと補助競技場は結構離れているのでご注意を

熊谷ラグビー場のアクセスや駐車場

国道17号熊谷バイパス
肥塚交差点または上之北交差点から約700m
※交差点に案内標識あり
関越自動車道東松山I.Cから熊谷・東松山道路を熊谷方面へ約18km
関越自動車道花園I.Cから国道140号を熊谷方面へ約16km
東北自動車道羽生I.Cから国道125号線を熊谷方面へ20km

駐車可能台数は、常設駐車場約1,400台、
臨時駐車場約1,400台の合計約2,800台です。

熊谷 桜祭りも熊谷ラグビー場周辺観光

高校ラグビー 選抜大会が開催されている3月下旬~4月上旬はちょうど
熊谷 桜祭りも開催中です
通称「熊谷桜堤」とよばれ、日本さくら名所100選にも選定されています
菜の花が見頃と桜が見頃になってお花見の気分100%
熊谷さくら祭期間中は18:00~21:00はライトアップもあり、夜桜も鑑賞できます

熊谷ラグビー場とは反対の南側の荒川沿いです

また、 平成29年4月2日(日)am 9:00~pm 3:00 
近くの航空自衛隊熊谷基地では
航空自衛隊熊谷基地 さくら祭2017も開催中です
熊谷からひと駅の高崎線籠原駅から徒歩約20分
熊谷ラグビー場から車では20分強で行けますが駐車場は周辺の民営駐車場を利用しないといけません

試合のある日なのでお目当ての試合の日程とうまく合えばどうぞ

春休みということで、ラグビ観戦&家族旅行という方におすすめの
子供連れが楽しめるスポットをご紹介します

国営武蔵丘陵森林公園

熊谷ラグビー場から車で30~40分である国営武蔵丘陵森林公園
アスレチックや雨の日でも遊べる「むさしキッズドーム」。日本一大きなトランポリン「ぽんぽこマウンテン」など楽しい遊び場がいっぱいです。とても広い敷地なので1日ではとても全て回りきれません。

スポンサードリンク

料金 大人410円 子供80円
営業時間 3月1日〜 10月31日 9:30〜 17:00
11月1日〜 11月30日 9:30〜 16:30
12月1日〜 2月末日 9:30〜 16:00
定休日 年末年始 1月の第3・4月曜日
アクセス 車の場合:関越自動車道「東松山IC」から熊谷方面へ約10分

秩父鉄道 SLパレオエクスプレス

都心から一番近い、蒸気機関車に乗ることができる鉄道。
熊谷⇔三峰口駅まで約57キロを一日一往復します。

毎年春から運航が開始され、線路沿いには桜が咲き誇る中を蒸気機関車が走り抜けます。切符は指定席か自由席を選ぶことができ、指定席券は前売りでのみ販売されています。
長瀞ラインくだりなどアクティビティーも盛りだくさんです

料金 乗車区間の普通乗車券のほかに『SL座席指定券』または『SL整理券』が必要。自由席券500円、指定席券700円(大人・子供同額)
運転日の一ヶ月前よりSL座席指定券およびSL整理券を指定箇所で発売
⇒運行表はこちら
3月18日(土)~運行開始

車で1時間ほどかかりますが
小江戸川越として古い蔵の町並みなどで人気の川越市もおすすめです

⇒熊谷ラグビー場の周辺観光ポイントをチェック

熊谷ラグビー場付近の宿泊施設は

マロウドイン・R&Bホテル熊谷駅前・ホテルサンルート熊谷駅前といった手軽なビジネスホテルもありますが

家族旅行なら
四季の湯温泉 ホテル・ヘリテイジリゾートがおすすめです
熊谷からも近く、森林公園でもたっぷり遊べます
関越自動車道・東松山IC~15分・熊谷駅より15~20分
熊谷駅・森林公園駅シャトルバス有
※駐車場有り250台 無料 予約不要
⇒四季の湯温泉 ホテル・ヘリテイジリゾート詳細はコチラ

⇒他にも手軽なビジナスホテルを楽天トラベルでチェック

熊谷ラグビー場 改修工事はいつまで

最後に、パナソニックが、2019年W杯日本大会までにチームの拠点を熊谷市に移転する方向で検討との報道もあり
熊谷は、ますますラグビーの街として熱くなりそうです
熊谷ラグビー場 改修工事は
平成28年12月26日から平成30年8月31日

現在のベンチ席、芝生席、立ち見席計2万4千席を全て個席に変更
W杯開催時には仮設で6千席を増席
バックスタンドを解体して新メーンスタンドを建設し、メーンスタンドをそのまま新バックスタンドに位置付ける。そうです
パナソニック単独のスーパーラグビー参戦の拠点とも言われており、楽しみですね

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ