ラグビー日本代表の南アフリカ戦の流れとメンバー

ラグビー日本代表が南アフリカに勝利したのはすごかったですね
これで、ラグビーの中継が増えたら嬉しいのですが
五郎丸選手がすごく落ち着いているので前回のワールドカップも出場していたのかと思ったら初出場だったようです。せっかくなので南アフリカ戦の流れとメンバーを整理しておこうと思います

スポンサードリンク

ラグビー日本代表の南アフリカ戦の登録メンバー

南アフリカ代表戦の試合登録メンバーの確認とワールドカップ出場回数
1 三上 正貴 初出場
2 堀江 翔太 2011年WC 3試合に出場
3 畠山 健介 2011年WC 4試合に出場
4 トンプソン ルーク 2007・2011年WCに出場
5 大野 均  2007・2011年WCに出場
6 リーチ マイケル(C)2011年WC 4試合に出場
7 マイケル・ブロードハースト 初出場
8 ツイ ヘンドリック 初出場
9 田中 史朗 2011年WC 3試合に出場
10 小野 晃征 2007年WCに出場
11 松島 幸太朗 初出場
12 立川 理道 初出場(クレイグ・ウィング(怪我のため不出場) 初出場)
13 マレ・サウ 初出場
14 山田 章仁 初出場
15 五郎丸 歩 初出場
16 木津 武士 初出場
17 稲垣 啓太 初出場
18 山下 裕史 初出場
19 真壁 伸弥 初出場
20 アマナキ・レレイ・マフィ 初出場
21 日和佐 篤 2011年WC 4試合に出場
22 田村優 初出場
23 カーン・ヘスケス 初出場

南アフリカ代表戦の流れ

前半

7分 五郎丸選手 ペナルティキック 3点先制
9分 畠山(治療のため)山下が入る
18分 畠山(治療終了)山下が出る
17分 Francois Louw トライ 5点 5-3
18分 Patrick Lambie コンバージョン(ゴールキック)2点 7-3
29分 リーチマイケル トライ 5点 7-8
30分 五郎丸選手 コンバージョン2点 7-10
32分 Bismarck Du Plessis トライ 12-10

スポンサードリンク

後半

42分 五郎丸選手 ペナルティキック 12-13
43分 Lodewyk De Jager トライ 17-13
44分 Patrick Lambie コンバージョン19-13
45分 ツイが出てマフィが入る
48分 五郎丸選手 ペナルティキック 19-16
52分 五郎丸選手 ペナルティキック 19-19
53分 Tendai Mtawariraが出てTrevor Nyakaneが入る
   Bismarck Du Plessisが出てAdriaan Straussが入る
   Jannie du Plessisが出てCoenraad Oosthuizenが入る
   畠山が出て山下が入る
   大野が出て真壁が入る
56分 Patrick Lambie ペナルティキック 22-19
   Pieter-Steph du Toitが出てSiya Kolisiが入る
57分 Patrick Lambieが出てHandre Pollardが入る
   Ruan Pienaarが出てFourie du Preezが入る
   三上が出て稲垣が入る
59分 五郎丸選手 ペナルティキック 22-22
61分 Adriaan Straussトライ 27-22
62分 Handre Pollardコンバージョン 29-22
66分 田中が出て日和佐が入る
67分 Lodewyk De Jagerが出てEben Etzebethが入る
68分 五郎丸選手 トライ 29-27
69分 五郎丸選手 コンバージョン 29-29
   Lwazi Mvovoが出てJ.P Pietersenが入る
   堀江が出て木津が入る
72分 Handre Pollard ペナルティキック 32-29
   小野が出て田村が入る
78分 Coenraad Oosthuizenイエローカード
   山田選手が出てヘスケス選手が入る
79分 Siya Kolisi出る
79分 Trevor Nyakane出る
80+3分 ヘスケス選手 トライ 32-34

スポンサードリンク

4 Responses to “ラグビー日本代表の南アフリカ戦の流れとメンバー”

  1. 小金山 章 より:

    ナーバスに成っていたとは言え、世界最強の南アフリカに1勝できたことは、ビデオを何度見ても感動する。素晴らしい‘15年日本チームだった。でもテレビに登場するメンバーは五郎丸選手と日本人メンバーばかりだ。外国出身のメンバーと築いたチーム力がなければ1勝は出来なかった。是非マーチ・マイケル主将、勝利のトライをアシストしたアナマキ・レレイ・マフィー選手、トライしたカーン・ヘスケス選手も登場して貰い、チームの一体感と素晴らしさを紹介して欲しい。世界第3位の経済国家として、和を重んじる国として、助っ人ではなく世界中の人々と協調し素晴らしいチームを作った姿をアピールして欲しい。

    • rugbydiary より:

      素敵なコメントありがとうございます。本当にワールドカップの試合は何度見ても感動しますね。
      NHKでやっていた南アフリカ戦を振り返ってたのはすごく興味深かったです。
      勝利のトライをアシストしたアナマキ・レレイ・マフィー選手、トライしたカーン・ヘスケスの話も聞きたいですね
      立川選手や小野選手やトンプソンルークにももっとライトが当たってほしいです!!
      リーチキャプテンの両足つってたというコメントにもどうやって走ってたのか、誰か突っ込んでほしいです^^

  2. くり より:

    海外在住にてスポーツチャンネルにて当試合を観戦していました。
    日本vs南アフリカの試合は素晴らしかったが、特に感じたのが
    カメラワークでした。その他の試合と比較して良く分かりました。
    例えば前半30分前のマイケルのゴール。
    スクラムを斜め後ろからの撮影だったのがマイケルのトライ数秒前に正面から切り替えたあたりは絶妙の編集です。
    このような素晴らしいカメラワークが沢山ありました。
    人の写し方、観客の写し方、最後のほうに出てきたイギリス人の女性の方なんてほんと素晴らしい画像でした。

    • rugbydiary より:

      素敵なコメントありがとうございます
      確かに、おっしゃる通り素晴らしいカメラワークなんですね
      そんな方たちのおかげで、テレビでの観戦もワクワクするんですね

      イギリス人の女性の熱心な応援ありがたかったですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ