2019ワールドカップのベストエイトにスコットランド戦が重要って!?

日本開催の2019ワールドカップまだ先って思ってしまいますが、このワールドカップベストエイト進出を目標としている日本代表としては、2016年の6月のカナダ戦、スコットランド戦と11月のウェールズ代表戦がすごく重要なんです
なぜ??実はワールドカップの組み合わせは2017年の5月に開催される抽選会で決定します。今、日本は世界ランキング10位ですが、その時に、8位以内に入っているのといないのとでは大きく変わるんです

スポンサードリンク

2019ワールドカップのベストエイトにスコットランド戦が重要な理由は

2019ワールドカップ大会に参加できるチームは合計20チームで、2015年のワールドカップで予選グループで3位以内に入ったチーム12チームは参加が決まっています。
残りの8チームは各地域の予選で決定されます。
組み合わせは2017年5月時点の世界ランキングをもとに1〜4位、5~8位、9位以下のグループに割り振られ抽選が行われます。
5~8位のグループに入ると格上のチームは1〜4位の1チームのみとなりますが、9位以下に入ると、格上のチームが2チームとなりワールドカップの予選突破(5チーム中2位以内)が厳しくなります
日本の今の世界ランキングは10位なので、組み合わせ抽選の5月の時点で8位以内に入って5~8位のグループに入り、ベストエイトを実現したいですね

2019ワールドカップの出場チームの世界ランキング

シード権を得ている12チームのランキングは
1位 NZ
2位 豪
3位 南ア
4位 イングランド
5位 ウェールズ
6位 アルゼンチン
7位 アイルランド
8位 フランス
9位 スコットランド
10位 日本
11位 フィジー
12位 ジョージア
13位 トンガ
14位 イタリア
フィジーとトンガはシード権が取れていません

スポンサードリンク

6月に対戦するカナダは18位です
カナダには勝つとして、格上のスコットランドやウェールズに勝てば8位以内も夢でなくなり、ベストエイト進出も夢でなくなるかもしれません
ただ、カナダ戦とスコットランド代表戦はリーチマイケル選手と五郎丸選手が怪我のために出場できません。更に山田選手も7人制オリンピックメンバー目指して6月は15人制はお休みと苦しい状況です
スコットランド代表の遠征メンバーが発表になりましたが、2016年2月、3月の欧州シックス・ネーションズを戦った主力メンバーが来日するようです
⇒スコットランド代表来日予定メンバーはこちら
日本代表はアジア大会などはありましたが、昨年ワールドカップ以来の本格的な試合で、スーパーラグビーなどで疲労が溜まっておりコンディションの差は。。。

ラグビー日本代表の6月の日程とテレビ放送

6月12・18・25日は地上波日本テレビ系でラグビー日本代表戦生中継です
もちろんJsportsでもあります

ラグビー日本代表の6月以降の日程は
6月12日(日)7:00~ 日本代表 vs カナダ代表 バンクーバー B.C.Place Stadium
6月18日(土)19:20~ 日本代表 vs スコットランド代表  豊田スタジアム
6月25日(土)19:20~ 日本代表 vs スコットランド代表    東京 味の素スタジアム
11月19日(土)   日本代表 vs ウェールズ代表 カーディフPrincipality Stadium
⇒豊田スタジアム周辺のホテルを楽天でチェック

最後に

日本代表の2019年のワールドカップは6月のカナダ戦、スコットランド戦から始まります
カナダ戦での勝利は必須で、9位のスコットランド戦、さらには11月のウェールズ戦(5位)での勝利も目指さないとベストエイトは厳しいのですね

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ