大学ラグビー 筑波が帝京に勝利!!大学ラグビー対抗戦順位は?

明治 優勝おめでとう
明治が早稲田に勝利して帝京と同率優勝です!!
大学ラグビー対抗戦順位は
1位 帝京大 6勝1敗 優勝
2位 明大  6勝1敗 優勝
3位 筑波大 5勝2敗
4位 早大  4勝3敗
5位 慶大  4勝3敗
6位 青学大 2勝5敗
7位 日体大 1勝6敗
8位 立大  0勝7敗

筑波大学ラグビー部が帝京にまさかの逆転で勝利して、帝京の連勝が50で止まりました。
関東大学対抗戦はすでに5連覇を決めている帝京大ですが、全勝での優勝はなくなりました。誰もがまさか勝つとは思わない試合、J.sportsで再放送があるときにしっかり見たいと思います。それにしても帝京に何があったんでしょうね!?勝ち続けるプレッシャー??

スポンサードリンク

大学ラグビー 筑波VS帝京の結果は

2012年から続いた帝京大学の連勝は50でストップしました。3年前の連勝が始まった最後の負けも筑波で、12年12月1日の筑波大戦(10―24)以来の負けです。筑波には日本代表の福岡選手が帰ってきたとはいえ、前半は帝京が17-0と快勝。後半4分にPGで初失点、8分後には筑波大の鈴木啓太選手(2年)がトライ。17-13で迎えた残り5分に、再び鈴木のトライで17―20で筑波の勝ちだったそうです。
ただ、帝京大学はキャプテンが試合後に泣いていてチームの結束が高まったのではないでしょうか?大学に敵なし自他ともに認めていた帝京ですが、今後のラグビーがますます楽しみになりました

スポンサードリンク

大学ラグビー対抗戦順位

筑波大学に敗れた帝京大学ですが、今季初黒星で6勝1敗と対抗戦の全日程を終了しました。今年強い明治も1敗なので、明治が12月6日の秩父宮での早稲田戦に勝てば帝京・明治の両校優勝となります。ただし、帝京と明治は直接対決で帝京が勝っているので、帝京大が1位扱いとなります

12月6日の2試合を残していますが、今の順位は
1位 帝京大 6勝1敗
2位 明大  5勝1敗
3位 筑波大 5勝2敗
4位 早大  4勝2敗
5位 慶大  3勝3敗
6位 青学大 2勝4敗
7位 日体大 1勝6敗
8位 立大  0勝7敗

12月6日は
早大-明大  秩父宮14:00~
青学大- 慶大 熊谷14:00~
で、明治が早稲田に勝てば、同率優勝になり、
関東大学対抗戦の5位までが、全国大学選手権に出場できるので、慶応と青学も大切な試合になります

大学ラグビー 筑波VS帝京のメンバー

筑波大学

橋本 大吾
稗田 優志
崔  凌也
中村 大志
渡邉 洋人
瀬尾 優大
占部 航典
横山 大輔
木村 貴大
亀山 宏大
福岡 堅樹
亀山 雄大
鈴木 啓太
本村 直樹
河野 友希
伊藤 慎太
永田 駿
薄井 諒介
鈴木 隆文
長  桂輔
米村 龍二
忽那 健太
竹田 祐将

帝京大学

徳永 一斗
坂手 淳史
深村 亮太
飯野 晃司
金 嶺志
マルジーン イラウア
亀井 亮衣
ブロディ マクカラン
荒井 康植
松田 力也
竹山 晃暉
矢富 洋則
重 一生
尾崎 晟也
森谷 圭介
堀越 康介
呉 味和昌
浅堀 航平
姫野 和樹
小野 貴久
小畑 健太郎
金田 瑛司
濱野 大輔

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ