ラグビー 田中史朗選手が妻に言った言葉が可愛すぎ!?

ラグビー 田中史朗選手は166cmと小柄ながら世界最高峰のスーパーラグビーに所属するハイランダーズとプロ契約を結んでいるすごい選手なんです
今回のワールドカップでも大活躍で、前試合スクラムハーフとして先発しています
ラグビー 田中史朗選手の妻は元バトミントンの選手なので、同じアスリートとしてサポート頑張っておられます

スポンサードリンク

ラグビー 田中史朗選手の妻は?

身長が166センチしかない田中選手、小学生に「自分どこの小学」って声をかけられた経験があるくらい小さくて、なんか小学生みたいな可愛さも持っている田中選手ですが、その身体能力の高さでスーパーラグビーに所属するハイランダーズで活躍する選手にまでなっています。

その、田中史朗選手の奥さんは元バトミントンの選手で田中史朗選手と同じくアスリート。
名前は田中 智美さん。旧姓は作山智美さんです
バドミントンで有名なオグシオと同じ三洋電気(現パナソニック)です
田中選手と奥様は三洋電気(現パナソニック)の同期入団で、ラグビー部とバトミントン部は本拠地が違く接点はなかったそうですが、ある時ラグビー部とバトミントン部が合コンする機会があり、直接合コンではあっていないようですが知り合いの紹介で交際がスタートしたそうです。
2011年の12月24日に結婚しました。

スポンサードリンク

田中史朗選手の活躍は奥さんのサポートのおかげ

田中選手は4年前のW杯では1分け3敗に終わり「何も残せなかった」と打ちひしがれ、ラグビー人気が低いのは自分のせいだと攻めていたそうです
今回は、田中選手は「命がけで戦うから、もし死んだら新しい人を見つけてな」と妻・智美さんに話したそうです。田中選手はホント可愛いですね^^

田中史朗選手の妻 智恵さんは田中選手の栄養バランスなどを考えて料理を作っており、マッサージもしてあげているようです
リーチマイケルキャプテンの奥さんもマッサージされているようです
内助の功が日本代表のパワーのもとなんですね

ラグビー 田中史朗選手のプロフィール

ワールドカップでも南アフリカの監督から日本で注意をしている選手に田中史朗選手を口にされ、実際歴史的な勝利を収めた南アフリカ戦でMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)にも選ばれています

ポジションはスクラムハーフ(SH)。
身長166cm、体重75kg。
趣味はUFOキャッチャー
座右の銘は信は力なり。
ニックネームはジャック、フーミン
パナソニック所属

田中選手は京都府出身で強豪の伏見工業高校1年の時に全国高校ラグビーで優勝を経験。京都産業大学(京産大)を経て、2007年に三洋電機ワイルドナイツ(現パナソニック)に加入。
2006年度の大学選手権において、9年ぶりに京産大が同大会の準決勝へと進出したが、その立役者の一人
2011年のラグビーワールドカップの日本代表に選ばれ、3試合に出場しました。

スポンサードリンク

2 Responses to “ラグビー 田中史朗選手が妻に言った言葉が可愛すぎ!?”

  1. 京都府向日市 より:

    本当に言葉がかわいすぎ、心が強くてやさしいんでしょうね。
    いつも応援してます。笑顔が素敵、癒されます。

    • rugbydiary より:

      コメントありがとうございます。ブログに不慣れでお礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。W杯後のご夫婦のツーショットもほのぼのと素敵でしたね!!
      田中選手の母校 伏見工業も伏見の名前としては最後の花園ですね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ