ラグビーワールドカップ 優勝国と優勝賞金って

ニュージーランド優勝おめでとうございます
至上初の連覇&リッチー・マコウキャプテンで2度の優勝も史上初だそうです

ラグビーワールドカップもいよいよ決勝戦を残すのみになりましたね
ニュージーランドの至上初の連覇が達成されるでしょうか?
ワールドカップの優勝賞金は0円って聞いたのですが本当なの?
今までの優勝チームは?南半球だけの準決勝も初めてなの?そんな疑問を調べてみました

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ 優勝国と優勝賞金って

1987年から始まり、4年に1回開催されている大会で、このイングランド大会で8回目です
今や、FIFAワールドカップ、オリンピックに次、世界3大スポーツイベントで
第6回の大会の収益は1億2240万ポンド(日本円で約230億円)にも及ぶとのこと。
そんな大きな大会ですが、優勝賞金はゼロだそうです。
優勝賞金はありませんが、「ウェブ・エリス・カップ」と呼ばれる優勝トロフィーは手に入れることができます。
優勝チームは大会からの賞金はありませんが、協賛スポンサーなどからは賞金が入るものと思われます。
ジャパンの今回の健闘をたたえて、太っ腹のリポビタンの大正製薬さんが5000万円ボーナスでだしていましたものね

サッカーのFIFAワールドカップも2006年のドイツ大会の前まで優勝賞金は0円でしたが、2014年ブラジル大会では優勝国3500万ドル(約35億6000万円)、準優勝国2500万ドル(約25億5000万円)、3位2200万ドル(約22億4000万円)、4位2000万ドル(約20億4000万円)とすごいことになっています

ラグビーワールドカップ 優勝国

第1回(1987年)オーストラリア開催  優勝 ニュージーランド

ニュージーランド 29 – 9 フランス
ウェールズ 22 – 21 オーストラリア

スポンサードリンク

第2回(1991年)イングランド・フランス・ウェールズ・スコットランド・アイルランド開催 優勝 オーストラリア

オーストラリア 12 – 6 イングランド
ニュージーランド 13 – 6 スコットランド

第3回(1995年) 南アフリカ共和国開催  優勝 南アフリカ共和国

南アフリカ共和国 15 – 12(延長) ニュージーランド
フランス 19 – 9 イングランド

第4回(1999年)ウェールズ開催  優勝 オーストラリア

オーストラリア 35 – 12 フランス
南アフリカ共和国 22 – 18 ニュージーランド

第5回(2003年) オーストラリア開催  優勝 イングランド

イングランド 20 – 17(延長) オーストラリア
ニュージーランド 40 – 13 フランス

第6回(2007年)フランス開催  優勝  南アフリカ共和国

南アフリカ共和国 15 – 6 イングランド
アルゼンチン 34 – 10 フランス

第7回(2011年) ニュージーランド開催  優勝 ニュージーランド

ニュージーランド 8 – 7 フランス
オーストラリア 21 – 18 ウェールズ

第8回(2015年) ニュージーランド開催  優勝 ニュージーランド

ニュージーランド 34 -17 オーストラリア
南アフリカ 24 – 13 アルゼンチン

ニュージーランド3回、南アフリカ・オーストラリアが各2回、イングランドが1回なんですね
ベスト4も1999年大会はフランスだけですが、それ以外は、
フランス・イングランド・ウェールズ・スコットランドの北半球のチームが2チーム南半球が2チームで優勝を争っていたのですね
4年後の日本開催にはここに日本が入って欲しいですね

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ