ラグビー 南アフリカに勝利!おめでとう!!

日本代表おめでとう!!感動をありがとう!!
ワールドカップで日本代表は南アフリカを破りました!!
夜中に家族で思わず叫んでしまいました
24年ぶりのW杯勝利。しかも優勝候補の南アフリカ観客でも泣いてる方がいましたが本当に嬉しいですね

スポンサードリンク

ラグビー 南アフリカはいかにすごいのか

ラグビー強豪国といえば、ニュージーランド オールブラックスが有名ですが、南アフリカラグビー代表スプリングボクスもワールドカップ(W杯)過去2度の優勝を誇る強豪チームなんです。この4年間はニュージーランドに次いで世界ランキング2位を守っていたそうです。ただ、ワールドカップ直前の「ザ・ラグビー・チャンピオンシップ」で3連敗。一時期は5位まで下がったが、再び3位へ上昇して今大会を迎えました
英メディアは「W杯史上最大の衝撃」と異例の大きな扱いで報じ、テレビ中継した英放送局ITVの解説者は試合中に「信じられない」と連発したそうです
ラグビー南アフリカの世界ランキングは3位で日本は13位です

ラグビー 南アフリカとの対戦成績は

実は日本代表は、フィジカルとセットプレーを前面に押し出したラグビーが持ち味で、対戦相手に恐れられている南アフリカ代表とのテストマッチは史上初だったそうです

スポンサードリンク

ラグビー 南アフリカ戦の前評判は

全世界が南アフリカの勝利と思っていなかった金星です
エディー・ジョーンズHC「日本もラグビーで戦える国であることを見せたい」とのコメント通り、南アフリカ代表戦で善戦して、スコットランド代表戦やそれ以降の試合につなげたいというのが大体の見方でした
何度考えても興奮するくらいすごいです!!

正直、20点差なら大善戦。30点差は、善戦。と思っていたファンも多いのではないでしょうか?

ラグビー 南アフリカ代表って黒人が多いの

黒人・白人と分けるのも抵抗がありますが、やはりアパルトヘイトの関係で複雑な問題はあるようです
スプリングボクスは南アフリカ白人の象徴という歴史があり黒人たちには応援されませんでした。歴史が変わったのは、1995年黒人初の大統領ネルソン・マンデラが公にスプリングボクスを応援したことです。それは白人と黒人の融合の象徴だったそうです。
「インビクタス」という映画にもなっているそうです
ただ、今回の選考でも非白人選手の人数などでいろいろあったようです

最後に

何はともあれ、選手にありがとうと言いたいですね
目標のベスト8進出に向けてまた頑張ってください
これでまたラグビーが盛り上がって、スタジアム問題もうまくいけばいいですね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ