ラグビーワールドカップ2019の出場チームは?日本は出場!?

サンウルブズが待望の1勝で気分が上がってきましたね。いくら1年目なので勝てなくてもと思っても、周りのラグビー熱が冷めていくのは悲しいですからね
ところで、まだまだ先の話ですが、ラグビーワールドカップ2019は日本ですが出場チームをチェックしました

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ2019の出場チーム?日本は出場できるの?

ラグビーワールドカップ2015はほんと盛り上がりましたね
2019年は日本開催なので絶対見に行きたいと思います
それまでにルールをもう少しわからないといけないのですが^^;
2019年のワールドカップに日本が出場できるのは開催国枠だと思っていたのですが
ワールドカップは今まで強豪国の開催しかなかったので開催国枠という概念がなかったようです

改めて考えると、2019の日本開催のワールドカップは

アジアで初のワールドカップ
ラグビー伝統国以外で初のワールドカップ
ラグビー(7人制)がオリンピック種目に採用されてから最初の大会
と、世界のラグビー界にとっても大切な大会になるのですね
※2015W杯イングランド大会の前に開催国である日本は予選を免除され、自動的に本大会へ出場することが発表されていたようです

スポンサードリンク

ラグビーワールドカップ2019の出場チーム

ラグビーワールドカップは20チームが出場できます。その20チームのうち12チームは出場権を勝ち取っています
なんでも、第7回大会以降は、その前のワールドカップでベスト12(予選プール上位3位)に入った国が予選免除されることになっているそうです
日本は堂々の3位でしたから、出場権はしっかりゲットしています
ラグビーワールドカップ2015ベスト12は
プールA:オーストラリア・ウェールズ・イングランド
プールB:南アフリカ共和国・スコットランド・日本
プールC:ニュージーランド・アルゼンチン・ジョージア
プールD:アイルランド・フランス・イタリア

2019年の第9回大会の予選枠は

ヨーロッパ1、アメリカ2、アフリカ1、オセアニア2、ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ1、最終プレーオフ1の8枠になります
2016年から地区予選が始まり、7─8チームの出場が決まり、最終的に最後の1枠を争います
今日から始まったアジア大会 アジアラグビーチャンピオンシップ2016もその一環になるのですね

ラグビーワールドカップ2019へのスケジュール

ラグビーワールドカップ2019が開催されるのは2019年9~10月です
2016年春以降予定:チームキャンプ地選定プロセス発表
2016年後半に組み合わせ抽選会が行われ、2017年以降に試合日程が発表。
2017年~2018年:
チケット概要発表・販売開始
ボランティア概要発表・募集開始
2018年:
開幕一年前イベント

4年後ってまだまだ先っていうイメージですが、あっという間にきますのでしっかりチェックして盛り上げていきたいと思います

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ