松任谷由実のノーサイドのモデルって?

松任谷由実のノーサイドといえばラガーマンの応援歌
ラガーマンの息子を持つわたしも、この曲を聴くと決まって涙が出ます
このノーサイドはモデルがあるんです。そのエピソードをご紹介します

スポンサードリンク

松任谷由実のノーサイドのモデルって

取り壊された旧国立競技場の最後の早明戦でユーミンが登場してノーサイドを熱唱しました。
国立競技場が感動的なムードにつつまれたそうです
しかし、あの国立競技場がこんな問題になるなんて。。。
ワールドカップには間に合わないけど、しっかり意味のあるスタジアムを作って欲しいですね

ユーミンのノーサイドのモデルは

ユーミンのノーサイドのモデルは昭和59年の全国高校ラグビーの決勝戦の大分舞鶴高の背番号15の福浦さんだそうです
全国高校ラグビー決勝戦の天理高(奈良)と大分舞鶴高(大分)の試合は18-12で天理リードの終了間際に大分舞鶴が意地のトライ。ゴールキックを決めれば同点で両校優勝という場面にチームの主将フルバックだった福浦孝二さん(現大分県別府市立別府商教諭)が外し、ノーサイドを迎えたそうです。

スポンサードリンク

それだけなら、ラグビーの試合によくある場面ですが、
その福浦さんは、決勝当日が鹿屋体育大学の受験と重なり、本来なら試合に出場できなかったのですが、大学側の特別措置で試合当日の早朝6時から試験を受け、飛行機に飛び乗って花園ラグビー場へ。最後の最後にチームの命運を握るキックを蹴った。というすごくドラマチェックなエピソードがあるのです

30年後に歴史に残る名勝負が再現

その歴史に残る試合を戦った当時の部員らが集まり30年の歳月を経て、再現されたそうです
いずれも40代後半となったメンバーたちは戦いを精いっぱい楽しんだようでしす
結果は大分舞鶴が41−22で勝ち、30年前の雪辱を果たしたそうです。

スポンサードリンク

2 Responses to “松任谷由実のノーサイドのモデルって?”

  1. 安井祐子 より:

    当時天理高校1年でした。相手方の高校でしたが感動し、ユーミンのノーサイドが出た時も大好きな歌でした。毎年思い出します。

    • rugbydiary より:

      素敵なコメントありがとうございます
      天理高校のOBに方なんですね。
      当時の時間を共有されているって素敵です。

      今年の常翔との試合もすごかったですね
      毎年、御所との決勝戦は劇的です

      ユーミンのノーサイドを聞いていると涙が出てきます
      ラグビーを始め何かに打ち込むって本当に素敵です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ