慶応大学ラグビーの進路と主将や新体制は?

慶応大学ラグビーは2015年度は大学選手権セカンドステージを全敗で敗退となり大学選手権ベスト16という結果に終わりましたが、2016年度の新チームはどうでしょうか?また、慶応大学ラグビーの進路はめちゃめちゃいいとよく聞きます
実際、慶應ラグビー部はほかの強豪私学と異なり、外部からの推薦入学が少なく、内部進学での入部者が多いので、家柄や学力、各界で活躍する優秀なOBが多いというアドバンテージもあります。実際の進路を調べてみました

スポンサードリンク

慶応大学ラグビー部の進路は

体育会の部活動は就職に強いというイメージがありますが、強豪と呼ばれる体育会の学生は、常に目標達成へのプレッシャーにさらされているため、一般の学生よりもメンタルが強い傾向にありますし、ラグビーは組織への順応性を高めるので、就職活動において大きな強みです
慶応大学ラグビー部のOBにはゴールドマン・サックス日本法人社長の持田昌典氏、東北楽天ゴールデンイーグルス社長の立花陽三氏など各界で活躍する優秀なOBも優位性につながりますね

慶応ラグビーの進路

エリート集団慶應ラグビー部の主な就職先を帝京大学戦出場メンバーを中心に進路をご紹介します
1.加藤宏 (慶応)野村證券
2.佐藤耀 (本郷) NEC
3.八木悠太朗 (慶応)三井不動産ビルマネジメント
4.西出翼 (慶応NY)三菱東京UFJ銀行
8.岩本龍人 (国学院久我山) 東京海上日動火災保険
9.南篤志 (清真学園)  新日鐵住金
10.矢川智基 (清真学園) 三井不動産
13.田畑万併 (桐蔭学園) 三菱重工
18.大塚健太 (国学院久我山) ヤマハ発動機
20.高家章徳 (慶応志木) 三井住友銀行
23.佐野航太 (慶応) 伊藤忠商事

スポンサードリンク

ほかの4年生は
徳永(慶応)三井住友銀行、足立(慶応NY)ゴールドマン・サックス、小野(慶応)みずほフィナンシャル、岩田(慶応)野村證券、岡(慶応志木)伊藤忠商事、萱森(静岡)ブリジストン、小谷(南山)みずほフィナンシャル、澤根(佐倉)非公開、末永(慶応)三井住友信託銀行、田井(慶応)三菱商事、地家(慶応志木)丸紅、出口(明善)味の素、中村(慶応)野村證券、中村(慶応)電通、長谷川(慶応)三井住友海上、古橋(千種)ゴールドマン・サックス、三浦(黒沢尻北)富士フイルム、村井(慶応)豊田通商、森田(慶応)博報堂、山田(流通大柏)三菱商事、湯沢(慶応)三菱東京UFJ銀行、横田 (修獣館)サントリーホールディング、吉岡(国学院栃木)みずほフィナンシャル、渡辺(慶応)みずほフィナンシャル
とやっぱりすごい就職先ですね

慶応ラグビー2016年度 主将はじめ新幹部

今年度は「ファンの皆様、OBの皆様、応援してくれる全ての方、そして自分達自身が誇りに思えるチーム」を理念に、目標は大学日本一を掲げました。ルーツ校としての誇りと、挑戦者としてのチャレンジ精神を持ち、グランドの内外共にこの伝統と革新でチーム一丸となり邁進してまいります。

主将   鈴木 達哉(FL・茗溪学園)
副将   豊田 祥平(LO・國學院久我山高校)
バックスリーダー 清水 祐輔(WTB・明和高校)
フォワードリーダー 佐藤 大樹(LO・桐蔭学園)
主務   岩淵 蒼太(MGR・慶應義塾)

【マネジメントスタッフ】
GM    渡瀬 裕司
GM補佐  和田 康二
総務    岡部 雅之

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ