ラグビーの7人制(セブンズ)ポジション

リオオリンピックから正式種目となる男女のセブンズ(7人制ラグビー)。12チームが出場し、開催国ブラジルはすでに出場が決まっています。
アジア予選が11月に男子は香港、女子は香港&東京で行われます。ここで優勝しないと出場は厳しいです
アメリカはロンドンセブンズで優勝し、リオデジャネイロオリンピックの出場権はまだだが、メダル候補。2018年のワールドカップ・セブンズはアメリカ開催です

スポンサードリンク

ラグビーの7人制ポジション

15人制と同じフィールドにたった7人の選手で戦います。7分間のあいだ走り続けるイメージでしょうか?
プレーはパスとランニングが増えます。
パスとランニングだけでなく考え判断力にもスピードが求められます

ラグビーの7人制ポジション

FW3名:プロップ(PR)2名・フッカー(HO) 
BK4名:スクラムハーフ(SH) ・スタンドオフ(SO) ・スリークォーターバック(TB) 2名

スポンサードリンク

プロップ1・3

3対3のスクラムを組み、大きい選手が担当することが多い。トライチャンスも多い。

フッカー2

蹴ったボールはすぐにスクラムから出るからコントロールが非常に大事なのでフッキングスキルが求められます。

スイーパー4(スクラムハーフ)

オフェンス時はスクラムハーフの仕事、このスイーパーは事実上のエースポジション。
南アフリカのようにスイーパーが強いチームは本当に強い。

スタンドオフ5

15人制と同じく司令塔の役割だが、自分で走ることも多い。

センター6

ディフェンダーでもあり、フィニッシャーでもある。大型選手が多い。

ウイング7

トライをとるのが役割だが、瞬間的な速さより、持続する速さが重要だとか

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ