山沢拓也 怪我から復帰してすぐフランス1部リーグからパナソニック

山沢拓也選手パナソニックへ
筑波大SO山沢拓也選手はトップリーグ(TL)のパナソニック(群馬・太田市)に練習拠点を移したそうです
筑波大に在学しながら、パナソニックのトレーナーの指導を受け、ジムやグラウンドを使いリハビリに取り組むとのこと。
フランスの強豪クラブや東芝などからも声があったようですがパナソニックを選択したそうです
前日本代表ヘッドコーチのエディさんが、日本を去るインタビューでも名前を挙げていた、次回の日本開催のワールドカップ2019の主役候補、筑波大のSO山沢拓也(3年)選手が、3月からフランス1部リーグの強豪ラシン・メトロに練習生として参加するそうです。2019年に向けて日本ラグビー界の期待を背負って欧州へ旅立ったのですね。でも山沢選手って怪我で大学リーグ出てなかったと思うのですが、怪我は治ったのでしょうか?
スポンサードリンク

山沢拓也選手の怪我は?

山沢拓也選手は深谷高3年でエディージャパンの合宿に招集され、練習マッチにも出場していたのですが、怪我で14年12月から1年以上も試合に出場していません。
山沢拓也選手の怪我は、2014年3月のジュニア日本代表の南半球遠征で、左膝前十字靱帯(じんたい)を断裂。12月の大学選手権で戦列復帰しその21日の関西学院大戦を最後に再び膝を痛め1年以上試合に出ていません
今も、まだ少し痛みが残るそうですが、それでも完治への見通しがたったことで、欧州最高峰の「トップ14」にシーズン終了の5月まで挑戦することになったそうです。トップ14のシーズンは毎年8月から翌年5月。今回の期間は3月からの3カ月の予定だが、実力が評価されればそのままプロ契約を結ぶ可能性もあるそうです。ラシン・メトロにはニュージーランド代表のスーパースター、SOカーターが今季から加入。世界一の司令塔から直接学べる場がある。

スポンサードリンク

フランス1部リーグのラシン・メトロって

1890年創部。フランス1部リーグ「トップ14」で過去5度のリーグ優勝を誇る名門。本拠地はパリ・コロンブのイブ・ド・マノワール競技場。SOカーターの年俸は約2億5000万円で、ラグビー選手としては世界最高額だそうです。

山沢拓也選手のプロフィール

生年月日:1994年9月21日
身長/体重:178cm/85kg
出身校:深谷高 埼玉県熊谷市生まれ。筑波大学体育専門学群3年
ラグビー歴:中学まではサッカーに打ち込み、名門クマガヤSCで快足FWとして活躍。武南、流通経大柏、山梨学院大付など名門校からオファーがあったが、お兄さんが所属した深谷高ラグビー部の横田監督から、直筆の手紙で誘われ高校からラグビーを始める
競技歴9カ月の1年でSOのレギュラーで花園出場。
2012年7月、日本代表の菅平合宿メンバー38人に高3、プレー歴2年で日本代表合宿メンバーに入った。高校生の代表メンバー入りは40年ぶり。

ジョーンズHCの評価は、「ボールタッチのうまさ」「キャッチとパスの技術、ラン、スペースを見つける感覚は他の若手にない」と絶賛。スピードと強靱(きょうじん)なボディーバランス、正確なキックに卓越した状況判断。過去には「1日も早く復帰して代表に戻って欲しいと祈っている」と話したほど

山沢拓也の弟 山沢京平って

山沢拓也選手の弟 山沢京平選手も花園で大活躍でしたね。花園でも一番の存在感でした
ラグマガ3月号恒例の高校ラグビー花園のベスト15にも選ばれていました
山沢拓也の弟 山沢京平選手は深谷高校2年生で、彼も高校からラグビーを始めて今や高校日本代表候補に選ばれています。身長/体重:178cm/74kgとまだ線は細いですが、独特のスケールの大きさがあります

早くから世界で経験して兄弟揃って日本代表も楽しみですね

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ