帝京大学ラグビー部 竹山選手のコメント力が凄い

帝京大学ラグビー部 竹山選手は1年生ながら
関東大学春季大会で5戦チーム最多の16トライで春季大会優勝にも貢献
ジャパンセブンズ2015では惜しくも準優勝でしたが大活躍でした
その帝京大学の竹山選手はそのプレーもすごいんですが、コメント力もすごいんです

スポンサードリンク

帝京大学ラグビー部 竹山選手って

2014年度の全国高校大会では5試合で10トライをあげ、奈良の御所実を準優勝に導いた
大学ラグビー王者の帝京大学に進学して入学早々レギュラーを確保。
あの岩出雅之監督も「持ってるな。­上手いもん。トライの取り方が」とコメントされるほど
世界のトライ王大畑選手には自分の後継者と言われているほどなんです

帝京大学に進学した理由も日本代表への道と捉えてのことだとか
20年の東京オリンピック・19年の日本ワールドカップのスター候補です
16年のリオオリンピックの可能性も出てきてます

帝京大学ラグビー部 竹山選手のコメント力には定評があり

ジャパンセブンズ2015で神戸製鋼に敗れた時も
「この大会を振り返ると『悔しい』のひと言。賞金100万円の代わりに、悔しさをプレゼントしてもらったと受け止めています」
なんて名コメントがありました

スポンサードリンク

プレイ・コメント・ルックスどれも凄い選手なんです
試合中も素人の私が見ても変幻自在にいいところに現れる選手です
「チャンスの時の声かけと、ボールをもらうポジショニングは誰にも負けたくない」のだそうです


【楽天ブックスならいつでも送料無料】ラグビーは頭脳が9割 [ 斉藤健仁 ]

こちらの書籍にも取り上げられていました
これからの活躍が本当に楽しみです

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ