ラグビー福岡堅樹選手がQさま出演って!?医学部?ピアノって?

ラグビー日本代表として活躍した筑波大学ラグビー部の福岡堅樹選手が12月14日のテレ朝の Qさま!!に出演します!!
放送時間は19:00~21:48 スポーツ軍団vs先生軍団で、福岡堅樹選手は元ラグビー選手・大畑大介と一緒に出演です
福岡堅樹選手は実は医者を目指す文武両道を実現している選手なんです

スポンサードリンク

福岡堅樹はラグビーも医学部も!?

50mを5秒台で走るそのスピードが魅力の福岡選手ですが、じつは、大学への進学時は筑波大学医学部を目指して、浪人もしています
おじいさまがお医者様で、子どもの頃から医師とラグビー選手の両方を夢見てきたとか。高校時代にお世話になったスポーツ整形医師にひかれ、医師への思いが一層強まったそうです。1年浪人後、ラグビーと医学部の両立を悩んだ末に筑波大学の一般学部を受験しました。

2019年の日本開催のW杯と20年東京五輪(7人制)をめざし、その後はラグビーをやめ、医師を目指すそうです。

福岡堅樹はピアノもすごい

福岡選手はラグビーを5歳から始めていますが、3歳からピアノをはじめ中学3年まで続けていたそうです

福岡高校時代はバンドを組んでキーボードやドラム、ハモリなどを担当していたそう
報道ステーションで、特技のピアノでベートーベンの悲愴を弾く映像が流れていましたね。
勉強もラグビーもピアノもって、すごすぎますね

福岡堅樹の進路はパナ!?

そんな福岡選手の気になる大学卒業後の進路は、。正式発表はまだですが、スポーツ新聞によるとパナソニックに決まったようです。エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ(HC)が「チーターと勝負しても勝てる」と称賛されてる足を武器にどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。

スポンサードリンク

エディー・ジャパンの大学生ウィングコンビの早稲田の藤田慶和選手もパナのようです
パナソニックは山田選手・田中選手・堀江選手など日本代表でも活躍している選手が多いし、スーパーラグビー(SR)などへの後押しもあるのでいい選択のように思います

ラグビー福岡 堅樹(ふくおか けんき)選手のプロフィール

最後に、福岡選手のプロフィールを確認しておきましょう
5歳の時、父親に勧められ玄海ラグビージュニアスクールで、ラグビーをはじめる。
小学校、中学時代はスクールでラグビーを続け、中学校の部活動は陸上部に所属。中学時代は福岡県の三段跳びで2位になったこともあるそうです
エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチに「ワールドクラス」と評される50メートル5秒台のスピード。

生年月日:1992年9月7日
出身地:福岡県古賀市
出身高校:福岡県立福岡高等学校
福岡高校は福岡県内でも屈指の進学校で、偏差値70だとか
いつも自己紹介で福岡県・福岡高校出身の福岡選手は進学校の出身
所属:筑波大学情報学群情報科学類 4年生
血液型:A型
身長:175cm
体重:83kg
家族構成:歯科医の父、母、姉
趣味:ピアノ、ドラム
高校時代は、勉強ももちろん、バンドを組んで文化祭でも活躍していたようです
ポジション:WTB

2019のワールドカップでは中心になって日本代表を引っ張ってくれる選手の一人であることは間違いないですね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ